資料館

国内公演 - 自主公演

日越国際協働制作公演
江戸糸あやつり人形結城座 × ベトナム青年劇場

のがもちゅうどく

『野鴨中毒』

原作:ヘンリック・イプセン 脚本・演出:坂手洋二 人形美術:寺門孝之

会場:東京芸術劇場シアターイースト

期間: 2016年3月16日 - 2016年3月21日

あらすじ

写真家ヤルマールは妻ギーナと娘のヘドヴィクとともに、ささやかながら平穏な生活を送っていた。そこへ帰郷してきた友人グレーゲルスによって、ヘドヴィクの出自に関係するギーナの過去が暴露され、ヤルマールはヘドヴィクを娘として見られなくなる。一方でグレーゲルスはヘドヴィクに、父ヤルマールの愛情を取り戻したいのならば、ヘドヴィクが一番大切にしている野鴨を殺して証明するしかないと言う父を慕う娘が苦悩の末にたどり着いた決意とは...

舞台写真

撮影 :倉持壮