本文へジャンプ

公演年譜

新版歌祭文 野崎村

上演時期

1973年10月(初演は明治年間)

会場

西武劇場

脚本・出演者など 同時上演「鈴ヶ森」「戻橋」

野崎村に恋人久松を追って油屋の娘お染がやってきます。ですが今日は久松と幼馴染の許婚お光の祝言の日。お染、久松、お光、に父親の久作が絡み濃密な人間ドラマを作り上げます。
油屋の娘お染と丁稚久松の恋の悲劇を義太夫にのせて描いた心中ものの代表作です。
 

ページの先頭へ