本文へジャンプ

結城座豆辞典

は〜ほ

葺屋町(ふきやちょう)
初代結城孫三郎が櫓を上げた場所。「桐竹紋十郎手記」によると「寛永十二年江戸、さる若町結城孫三郎、元はふき屋町、御免御操り矢倉まくにあがる」とあり、現在の日本橋人形町近辺です。この辺りは手あやつり、南京人形など人形関係の座が集まっていました。また人形や羽子板細工、錦絵などを売るお店も軒を連ねていたそうです。
 

ページの先頭へ