結城座について

座員紹介

結城数馬(ゆうき かずま)

5歳で初舞台。
2005年『夢の浮橋~人形たちとの源氏物語~』(演出:佐藤信)にて復帰。

以降、結城座公演のすべてに“人形遣い”として参加する。
また結城座の伝える もう一つの伝統芸能である「江戸写し絵」の技芸の習得に努め、“写し絵師”としても活躍している。

主な役

『伽羅先代萩』千松 役
『文七元結』藤助 役
『破れ傘長庵』(演出 山元清多)藤掛道之助 役
『乱歩・白昼夢』「屋根裏の散歩者」における郷田 役
『オールドリフレイン』三五郎 役
『野鴨中毒』セルビー夫人 役
『ドールズタウン』幸太 役
『雀去冬来(すずめさりて ふゆ きたる)』李徳生(リトクセイ) 役
※150年ぶりの船上写し絵『播州皿屋敷』“写し絵師”として出演、他。

座員紹介