新着情報

2019.02.08

[ご案内]日々の情報は、結城座の公式ツイッターでご確認ください。

結城座では、公式ツイッターフェイスブックをおこなっております。

日々の稽古の様子や、最新のイベント情報などを、公式ホームページでは載せていない、細かな情報や画像などを掲載しております。

 

[最新アップ情報] マウスで動かすことができる 人形の3D映像 を公開!

ぜひ、ご自身のパソコンやスマホで、心ゆくまでお楽しみ下さい。

▼コチラをクリック https://www.fyu.se/v/iq8whxbpx3

2019.01.26

[告知]結城座の新たな挑戦!「江戸糸あやつり人形鑑賞教室」のご案内

後世に残したい江戸の粋と伝統!

~観て、知って、体験する 楽しい糸あやつり人形の世界~

このたび結城座初となる「江戸糸あやつり人形 鑑賞教室」を、年間を通じて開催する運びとなりました。そこで、4月以降の本格開催に先立って、下記の日程で「お披露目」をさせていただきたいと思います。

[開催日時] 平成31年2月15日(金)14時00分~15時30分
[開催会場] 神田明神文化交流館 (地下1階) EDOCCO STUDIO
▼昨年12月に、神田明神創建1300年記念事業として、ご神域内に誕生した施設です。

[主催] 株式会社 CoCoRo  (TEL:03-6811-6675)
▼ 〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2

[チケット料金] 一般 2500円(メール会員 2300円
[お問い合せ] 公益財団法人 江戸糸あやつり人形 結城座
▼TEL:042-322-9750 (平日10時-18時)

詳細ページへ

2019.01.22

[告知]あたらしく「メール会員様向けのメール配信」が更新されます!

【結城座メルマガ通信】

これまで「結城座メール会員」にご登録いただきました皆様に、定期的にメールでの情報発信を行なってまいりましたが、現在、使用している配信ソフトのサービス終了に伴い、このたび新しいサービスを導入をし、新たに [結城座メルマガ通信] として情報発信を行うことといたしました。今後とも、よろしくお願いいたします

 

第1回[テスト配信] ▼2019年1月22日(火)19時00分

※配信されない場合は、お手数ですが、下記の「メール受信設定」をご確認いただきますようお願い申し上げます。

 

<受信できない場合は?> 主な携帯会社の設定方法をご確認ください。

メール受信設定  ▼docomo  ▼SoftBank   ▼au

<配信元アドレス> @youkiza.jp

2018.12.21

[告知]「マジック・ランタン(幻燈機)」を体験しませんか?

新春1月に「武蔵野芸能劇場」にて公演いたします『宮沢賢治の写し絵劇場~注文の多い料理店~』(1月12日親子公演/13日・14日一般公演)に先立ち、『「江戸写し絵」体験ワークショップ』「武蔵野プレイス」にて開催いたします。
▼映画誕生の100年前に登場し、世の人々を驚かせた「江戸写し絵」は、まさに日本映画・日本アニメの原点といわれています。▼写し絵師たちが、「風呂」と呼ばれる幻灯機(プロジェクター)で写しだす、色とりどりのレトロでダイナミックな映像ショーをご覧ください。

◆開催日時:平成30年12月23日(日) 午前10時30分~12時00分

◆開催場所:武蔵野プレイス 1階ギャラリー

(JR中央線・西武多摩川線「武蔵境駅」南口下車、徒歩1分[地図]

 

◆開催内容—————————————————————————————————

[解説]江戸写し絵の歴史・江戸写し絵の機材と技法

[体験]江戸写し絵の「種板(フィルム)」作りを体験!

[発表]参加者が作成した「種板」を使ってミニ発表会を行います。

※見学や解説を聴くだけでも、お楽しみいただけます。

◆定 員——————————————————————————————————

「種板(フィルム)」作成体験は定員28名。 ※午前10時より現地にて整理券を配布いたします。

見学のみの方は、入場自由です

—————————————————————————————————————–

◆チケット:入場無料

◆お問い合わせ:公益財団法人 武蔵野文化事業団

2018.12.08

[メディア]文化放送『くにまるジャパン極』に取り上げていただきました!

このたび、文化放送の人気番組『くにまるジャパン極』の中で、毎日1つ身近な話題を取り上げている“デイリー「ホッと」トピックス”で、結城座の取り組みをご紹介いただきました。

◆メディア :文化放送『くにまるジャパン極』
◆放 送 日 :2018年12月4日(火)
◆放送内容:「380年以上続く“江戸糸あやつり人形”を次代に継承し、後世に!」

結城座の新たな取り組みが掲載! 10年ぶりとなった「1日だけの結城座探検ツアー」をはじめ、来年1月での『宮沢賢治の写し絵劇場 注文の多い料理店(武蔵野芸能劇場)』の公演や、2月から開講される予定の「文化体験教室(神田明神文化交流館)」などを取り上げていただきました。

2018.11.18

[メディア]『産経新聞』に財団の活動が紹介されました!

このたび、公益財団法人としての結城座の取り組みを『産経新聞』に取り上げていただきました。
今後とも皆様のご支援をいただきながら、380年を超える「江戸糸あやつり人形」と、200年を超える「江戸写し絵」の2つの技芸を継承する団体として、日本の誇るべき伝統文化を守ってまいりたいと考えております。今後ともよろしくご支援賜りますようお願い申し上げます。

◆メディア:産経新聞(東京都)産経新聞WEB版 THE SANKEI NEWS)
◆掲 載 日 :2018年11月15日(木)
◆掲載内容:「江戸糸あやつり人形を次世代へ」

結城座の新たな取り組みとして、10年ぶりとなった「1日だけの結城座探検ツアー」をはじめ、来年2月から開講される予定の『神田明神文化交流館』での「文化体験教室」などを取り上げていただきました。

2018.09.10

[掲載情報]東京都教育委員会発行『子供たちに伝えたい日本の良さ』を知っていますか?

東京都教育委員会では、毎月「日本の伝統・文化や、先人の優れた業績等についての具体的な事例を紹介する資料」として、『子供たちに伝えたい日本の良さ』を制作して、都内すべての都立学校及び区市町村教育委員会等に配布することにより、子供たちへの普及・啓発活動を行っています。
▼今回、発行された第43号のテーマは「日本の伝統芸能」。そのなかに「結城座」もご紹介いただいております。
▼東京都の「無形文化財(芸能)」の種別は、「結城座」以外には、あと2ヶ所あるだけ。
▼当財団も活動を通じて、多くの子供たちに「日本の良さ」が伝わるよう、また国と都の2つの文化財として認められている栄誉に恥じない活動をしてまいりたいと思います。
日本の伝統・文化に関する教育推進資料「子供たちに伝えたい日本の良さ」

詳細ページへ

2018.08.20

[掲載情報]NHK『名作選みのがしなつかし』を知っていますか?

▼NHKで、日本初のテレビ放送が始まったのは、いまから55年前の1953年のこと。

▼その年に、NHK最初の連続人形劇『玉藻前』が放送されましたが、そこで人形を遣っていたのが結城座でした。▼現在では、そのときの映像は残っておりませんが、1961年に放送されたリメイク版ともいうべき映像が、NHKアーカイブ内で、数年前に発見され、半世紀を経て、いまでは気軽に視聴できるようになっています。

<検索方法> 検索バーに「結城孫三郎」と入力してみてください。

https://www.nhk.or.jp/archives/natsukashi/

<視聴作品>

『玉藻前』(1953年/1961年)

『テレビてん助漫遊記』(1955年~1956年)

詳細ページへ

その他のお知らせ